アレンジされたお好み焼き

お好み焼きは広島焼きのように、生地がクレープのようなものではなくキャベツと一緒に混ぜて、2cmほどの厚みがあるのが大阪の基本のお好み焼きです。その基本のお好み焼きも美味しいですが、少し変わったお好み焼きが関内にはあります。

関内ではトマトを使ったお好み焼きがあり、ヘルシーでお肌に気を使っている女性に大人気です。またお好み焼きの普通の厚さより2倍ほどの厚みがあるお好み焼き屋さんもあります。普通のお好み焼きでも、家で焼くと中が焼けていないこともあるのに、ちゃんと中まで火が通っているのか不安にもなりますが、ちゃんと通っているしビジュアルも味もぴか一です。

関内のお好み焼きで人気なのが、メリケン粉とキャベツを使ったのがお好み焼きですが、メリケン粉の代わりに山芋を100%使ったお好み焼きもあるのです。焼き上がりは本当にフワフワで美味しさのあまり、家でチャレンジしてみましたが、ひっくり返せなかったです。山芋100%でもちゃんとお好み焼きにできるプロ技を是非味わってみてください。

SNSでもご購読できます。