串揚げの情報

イタリアンのソース

一般的なもの

イタリアンの一般的なソースはペペロンチーノなどオリーブオイル、唐辛子、にんにくから成るものです。
牛肉とたまねぎ、トマトペーストなどから成るミートソースもよく使われます。
ニンジンやセロリが入ったものもあります。
トマトで風味付けするボロネーゼも一般的です。
パスタにあえてください。

トマトソース

イタリアンだけでなく洋食全般の基本であるトマトソースは幅広く使われます。
これはパスタやピザにかけてもいいですし、スープにしても美味しいです。
トマトソースに魚介類を加えたペスカトーレ、唐辛子を加えたアラビアータもよく食べられます。
さらにベーコン、たまねぎ、唐辛子を加えたアマトリチャーナ、アサリを加えたボンゴレロッソ、オリーブアンチョビを加えたプッタネスカなどもあります。

ボスカイオーラ

他にも様々なソースがあり、例えばキノコを使ったボスカイオーラ、鶏肉を使ったカチャトーラなどは人気が高いものです。
ローマ地方のそれは鶏肉をワイン、ローズマリー、にんにくなどで煮込みます。
唐辛子、アンチョビなどが入れられることも多いです。

クリームソース

カルボナーラはチーズ、コショウ、鶏卵などから成るクリームソースです。
これも人気が高いものでしょう。
クリームにパルメザンというチーズを溶かしたアルフレッドという瓶詰めにされるものもあります。

果物入りのもの、イカスミスパゲッティソース

アボカドとクリームチーズを刻んでソース状にしたアボカドクリームチーズソースの名前を聞いたことがある人も多いかもしれません。
イカスミスパゲッティソースという名称もそうでしょう。
これはヴェネツィアの料理でスパゲッティネーロとも呼ばれるものです。

ナポリタンソース

トマトケチャップをから作るナポリタンソースの説明をします。
たまねぎ、ピーマン、ハムなどを入れることもあります。
ソーセージ、ベーコンなど加工肉を加える人も多いです。
ただし、日本でこのソースはメジャーですが、ナポリでは見かけません。

肥後橋にあるイタリアンレストランはパスタが好評です

たらこスパゲッティソース

ナポリタンソースと同様にたらこスパゲッティソースや明太子スパゲッティソースも、日本ではメジャーですが、イタリアではあまり見かけないものです。
うにのパスタソースもそうです。

パンプキンソース

日本で誕生した独特のパンプキンソースの話もしましょう。
かぼちゃ、クリーム、コンソメを合わせたものです。
北海道のものがいちばん有名かもしれません。

高級イタリアンの特徴とマナーを知っておきたい

デートや記念日にイタリアンレストランに行ってみよう

イタリアンはピザやパスタ、海鮮、肉類、チーズなどを使用しており、日本でもなじみがあるのが特徴です。
家庭的な雰囲気のお店は、比較的カジュアルな服装でも問題ありませんが、コース料理を提供している高級イタリアンのお店ではドレスコードがあります。 続きを読む

温度帯で異なる日本酒の味わい

湯気の香りが楽しめる熱燗

日本酒は、温度によってその良さが変わってくることが魅力の1つとなっています。
湯煎されて出される熱燗は、湯気で日本酒の香りがふわっと広がるのが良いところです。
そのかわり、大吟醸はその長所である香りが飛んでいくので、熱すぎる燗酒にはあまり適しません。
また、料理との相性で考えると味の濃い料理、鍋物などの温かい料理と合わせて食べるのがオススメです。
45度ほどを上燗、50度ほどを熱燗、55度以上のものを飛び切り燗と呼びます。 続きを読む

こだわりたくさん、実力派高級カップラーメン

日清、マルちゃんなど定番メーカーも続々高級路線を販売

カップラーメンといえば、100円から150円程度で購入できるリーズナブルなものというイメージが強いです。
しかし、最近人気のカップラーメンは、一杯200円以上、中には400円前後といった価格帯のものもあります。
そのおいしさから、高くても大ヒットする人気商品もたくさん出ているほどです。
カップラーメンの大手定番メーカーだと、日清食品では「ラ王」「行列のできる店のラーメン」「具多」などが高級路線としてブランド化し、定着しています。 続きを読む

パンに合う飲み物を選ぶポイント

パン食のお供にぴったりのソフトドリンク

パンを食べるとき、どんな飲み物を一緒に頼みますか?家庭ではお茶や水などが多いかと思いますが、お店ではコーヒーやジュース、紅茶などさまざまなドリンクメニューが選べます。せっかくならパンの美味しさをより引き立てる飲み物を選びたいですよね。 続きを読む