築地の情報

築地でまぐろなどを買う秘訣

築地は銀座に近い場所にあるエリアで魚や野菜などの専門店が100店舗以上集結しているのでアメ横と雰囲気が似ています。また混雑する事も多いので買い物する時に苦労してしまう事も少なくないですが、快適に買い物をする事が出来るポイントもいくつかあるので見ていく事にしましょう。 続きを読む

美味しい魚が食べられるのは築地の仲卸のおかげ

380f5d216694ecae819674a8944490ab_s

東京築地に行くと様々な魚が山とつまれた白い発砲スチロールに入っていて、活魚の集まる場には数百の水槽に魚がいて、別の所には数百等のマグロが並び、別の部屋にはウ二等が箱に入り多くの魚が集まっています。産地からの委託を受けてせり場へ魚を用意をするのが、魚の仲卸の仕事です。

続きを読む

築地でしか買えないお土産を買うのも楽しい

長くて丈夫な長くつが、築地では人気です。日本製で、履きやすいと評判の長くつです。他にも、チリメンジャコやスルメも人気があります。他のスーパーでは見る事のできないマグロの目玉が、1個100円で売っています。
続きを読む

長い歴史と活気ある築地市場は24時間活動している

今では、多くの人に知られている築地ですが、この築地の正式な名称は、東京都中央卸売市場築地市場と言います。昭和10年から開設された市場で、東京の食文化と深く関係してきました。その築地市場は、衛生的で整備の整った市場です。魚の価格を安定させる事ができ、誰でも気軽に買う事ができる市場となりました。
続きを読む