ビストロの意義と様々なジャンルのビストロ

ビストロとは、大衆向けの食堂を展開しているお店がお客様に出している定食屋の意義です。小さなレストランの意味合いがあります。また、お酒などのアルコールを提供する居酒屋の意味合いでも使われます。元来の意義として、カクテルなどを提供するバーとして使われていたが、大衆向けの料理を提供する意味合いでヨーロッパの地方で呼ばれるようになったのです。日本では、昔から定食屋として様々なジャンルの料理を提供していたが、こじんまりとした建物の中で店主が日本料理を作って、お客様に提供して、経営していた事が多かったです。

小さなお店として経営していたので、食べる事だけにこだわりを持たずに店主が常連のお客様と仲良くなって、世間話をするなどのコミュニケーションとしての場所としての定食屋が多かったです。

最近では、フランス料理やスペイン料理などの様々なジャンルのビストロが出ていて、様々な料理を味わえる事ができます。新宿のビストロで聞いたのですが、最近では技術の進歩によって、食い逃げなどの犯罪の防止のために自動で食券を購入する定食屋が増加したり、セルフで食材を取ってお金を精算する定食屋としてのビストロが多くなっています。

SNSでもご購読できます。