焼肉を炭火・ガスで調理するメリット・デメリット

「炭火」の良さは赤外線にあり

炭火焼肉というと、なんとなくこだわっているように感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、高級な焼肉店でも炭火ではなく、ガスで調理をするところもたくさんあります。
炭火で調理をする利点ですが、炭火調理では赤外線効果が得られるとされています。
中までしっかり熱が通りやすいのが、炭火調理の大きな魅力です。
この利点があるため、炭火のほうが絶対においしい、と言われるのが、直火で調理する焼き鳥やウナギです。
薄切りの焼肉よりも厚みがあり、外側がカリッと仕上がっても、中が柔らかいという食感を得られやすくなります。
また、炭に肉の脂が落ちると、そこから煙が立ち上ります。
この煙の燻煙効果が得られるのも、炭火調理ならではの大きな特徴です。
炭火調理でなければ出ない、独特の香りにこだわって、炭火で調理をする飲食店は少なくありません。

ホルモン系の食感が命な焼肉は炭火がオススメ

焼肉でも、炭火調理の良さが発揮されるメニューは少なくありません。
特に炭火調理のほうがおいしく食べられるメニューが、ホルモン系のお肉です。
薄切りのカルビなどよりも、ホルモンはぷくっと厚みがありますね。
外側のカリカリ感と、中のふわっとした食感両方を味わいやすいのが、炭火でホルモンを焼くメリットとなります。
厚切り肉がメニューにあるお店も、炭火で調理するとおいしくいただけますね。
「香ばしい」おいしさが好きという方は、炭火焼肉の焼肉を特においしいと感じることが多いのではないでしょうか。

宴会が開ける飯塚の焼肉屋

火加減の調整などがしやすく、ガスにもメリット

焼肉は必ず炭火のほうが、ガスよりもおいしいと決まっているわけではありません。
炭火での焼肉は、煙が出やすいこと、火加減の調整がしにくいことなどがデメリットとなります。
お肉に炭の香りがつくのはイヤだという場合も、ガスのほうがいいですね。
ガスは火加減が簡単に調整できて、最近は無煙ロースターも性能が高くなっています。
煙が少なく、手軽に誰でも最適の焼き加減を実現しやすいので、ファミリーでの焼肉などは、ガスのほうがメリットが多いと言えるかもしれません。
ただ、ガスは事故を防ぐよう、少しにおいがつけられています。
そのため、ガスでの調理は、肉に少しガスのにおいが残ると感じる方もいます。
鼻の利く方は、これが気になることもあるでしょう。

SNSでもご購読できます。