新鮮な野菜・果物を選ぶポイントとは

【新鮮な野菜を選ぶときのポイント】
野菜や果物は、毎日食べるものだから、できるだけ新鮮で、おいしいものを選びたいですよね。実は、野菜や果物には、鮮度や、おいしさを判断するコツがあります。
まず、野菜についてですが、ほうれん草や小松菜、春菊、ネギなどの葉物野菜は、緑が濃いものほど、新鮮です。当然、葉っぱがしなっとなっていたり、黄色っぽく変色しているものは、鮮度が落ちてしまっています。
ネギの場合は、白と緑の色がくっきりと、鮮やかなものを選びましょう。これは、大根の場合でも同じです。
にんじんを選ぶ時は、上の茎の部分が黒ずんでないものを選ぶようにして下さい。にんじんの場合は、切り口の直径が小さいものの方が身も細く、肉質も柔らかくて、おいしいとされています。
ダイコンやニンジンなどは、収穫から日が過ぎると、表面の皮に張りがなくなってしまいます。水分が蒸発することで、張りが失われてしまうためです。
ですので、だいこんやにんじんは、弾力のあるみずみずしいものを選ぶと良いです。
キャベツや、レタス、白菜など、丸い形をした葉野菜を選ぶ際には、重さを確認しましょう。ずっしりと、重いものほど、葉がたくさん詰まっていて、おいしいです。
続いて、キュウリやナスなど、とげや、イボイボがある野菜については、とげや、イボイボが多いほど、新鮮な証拠になります。古くなるほど、イボイボがなくなって、ツルツルになってしまいます。
とげのある野菜は、 へたの所のとげが鋭く、切り口がみずみずしいものほど新鮮です。
根野菜については、大きく育ちすぎると、中がスカスカになってしまうので、適度な大きさのものを選んで下さい。葉野菜は、形の均整のとれたものが新鮮で、おいしいです。
最後に、きのこ類です。きのこ類を選ぶコツは、軸が太くて、肉厚なものを選ぶことです。なめこは、表面のぬめりが強いもの、えのき茸は、表面のベタつきがないものが良いです。

【新鮮な果物の見分け方は?】
次に果物についてですが、果物は、全般的に、弾力があり、しっかりと色のついたもの、へたや葉の緑の色が濃いものが新鮮です。
これは、野菜と共通していますね。


埼玉で新鮮な野菜を入荷するなら、「大丸商店」
http://www.daimaru-shouten.com/

SNSでもご購読できます。