多種多様な麺

原材料

麺は小麦粉、蕎麦粉、米粉など穀類の粉やデンプンなどから成るものです。
その原材料に塩、水などを加えて形成した生地をのばします。

日本

細長い麺が日本では主流です。
小麦粉、蕎麦粉、米粉の他にもこんにゃくや海藻によるものもあります。
世界
色々なものを原材料とした多様な麺が世界各国に存在します。
調理法も茹でる、炒める、揚げるをはじめ様々です。
冷凍麺、乾麺なども人気が高いです。

中国

麺は中国発祥かもしれません。
発見された最古の麺類遺物は中国青海省にありますが、およそ4.000年前のものと見られます。
小麦粉ではなくあわで作られたものです。
他に古代メソポタミアで餃子型の麺が発見されました。

様々な細長い麺

うどん、そばのような細長い形の麺は中国はじめアジア各国にもあります。
春雨、ビーフン、お米のデンプンを使ったライスヌードルなども見かけます。

ラーメン

日本における麺文化の独自さはラーメンによく現れているかもしれません。
そのお店を紹介する書籍がたくさん出されていますし、評論家も登場しました。
また、インスタントラーメンは開発されて以降、一大市場を作り上げましたし、フリーズドライのものの売上も好調です。インスタントうどん、そばなど他の食品を大きく上回るシェアです。
国内だけでなく海外に展開しています。

作り方

麺の作り方を知りたいという人も多いかもしれません。
まず原材料の粉をねって生地を作り、それを目的の形にしてください。
形成したものを小さく切ったり、型で抜いたりします。
包丁で切り込みを入れることもあります。

面白い麺

日本の沖縄そば、イタリアンのスパゲティー、フェデリーニ、カペッリーニ、これらも日本においてよく食べられているものでしょう。
また、小麦ではなく大麦を使うもち麦麺、かたくりを使うかたくり麺、じゃがいもなどのデンプンでできた葛切りもあります。
本来は葛ですが、昨今は代わりのジャガイモのものが多いです。

雑穀麺

きびによるきび麺、あわによる鉄絲麺、あわとデンプンによるあわ麺、雑穀が原材料のものを見かけることもあるかもしれません。
最近ではフォー、イデアッパなども見かけるようになりました。
イデアッパはこんにゃくを使ったものです。

サトイモ、大豆、トウモロコシなどの麺

めずらしいものである、原材料がサトイモの芋頭麺、大豆の黄豆麺、トウモロコシの紅麺の名前を聞いたことがあるという人もいるかもしれません。
他にひえのひえ麺、ヤマノイモと餅米、うるち米から成る薯蕷麺、リョクトウから成るものなどもあります。
驚くことにトチの実から成るとち麺も存在します。

http://www.mikami-s.co.jp/

SNSでもご購読できます。