フレンチのマナー

フレンチと聞くと高級そうな感じがして手軽に食す事が出来ないと思ってしまいます。
フレンチを頂く上でさまざまなマナーがあります。そのマナーについて掲載していきます。

まずテーブルに置かれているナプキンです。
何故ナプキンが置かれているんだろうと疑問に感じてしまうかもしれません。
大概の方は膝元に置いて服が汚れないようにカバーをする物だと思っているかもしれませんが、それは間違いです。

このナプキンは口元についたソース等の汚れを拭く為の物なのです。
フレンチを食べる上で口元が汚れている事こそマナー違反と認識されてしまうのです。食事をしながら対面にいる方と会話をした時に口元が汚れていると相手に不快な思いをさせてしまう為、口元を綺麗な状態に保っておく事が必要となってくるのです。
国の文化や食事によってマナーも変わってきますので、外国料理を食べる機会があればまずは基本的なマナーを知っておく事が大切な事となってきます。

とはいえ、いきなりマナーを完璧にこなすのは簡単ではありません。
まずはカジュアルなお店に通ってみるのがおすすめです。
表参道のカジュアルフレンチ「シュペールサンク」では本格的なフレンチを肩肘張らずに楽しむことができるので、とてもおすすめです。

SNSでもご購読できます。