フレンチのテーブルマナー

フレンチにおいては食事を済ませて、もう十分という意思表示をするときに行わないといけない暗黙の了解があります。それがナイフとフォークを置く位置です。

お皿の上にナイフとフォークを置くことで、もう食べ終わりましたという意思表示をしていくのですが、置き方に気をつけないといけないので、知っておきましょう。フレンチにおけるマナーでは、お皿の右の位置にくるようにナイフとフォークを同じ向きに揃えて、真横になるように置きます。お皿の上の右側にナイフとフォークが真横に並んで置かれるので、ナイフとフォークを手で持つ部分の一部は皿の右側からはみ出ることになります。

そういった状況が、自分がこの料理を全て美味しくいただいたという意思表示になるので、覚えておくと良いと言えます。そういった状況を作っておかないと、まだこの料理を食べ終わっていないという意思表示になってしまうので、お皿を片付けてもらえないということにもなってしまいます。

もしもマナーに不安があるという場合には、浜町のフレンチの様な、どちらかというとカジュアルよりのビストロなどで練習してみるのもおすすめです。

SNSでもご購読できます。