タラバガニはカニじゃない?!驚きの特徴をご紹介

タラバガニはヤドカリに分類される!

カニの中でも特に大きいとされるタラバガニは、茹でても焼いても美味しく食べられるカニです。しっかりとした太い足に加えて引き締まった身は、プリプリとした食感が魅力的で、食べ応えもバツグンです。
「カニの王様」とも称されるタラバガニですが、普通のカニと比べて足の数が8本と少ないです。なぜ足が少ないのかというと、タラバガニはカニの仲間ではなくヤドカリの仲間だからです。
タラバガニはエビ目ヤドカリ下目タラバガニ科に分類されており、生物学上ではヤドカリに分類されます。タラバガニの足の数は厳密に言うと10本ありますが、一番下にある足が特に小さいことと、雌の腹部が右に捻じれているという部分がヤドカリの特徴と共通しています。そのため、タラバガニは外見だけ見るとカニに近いものになりますが、生物学的な観点から見るとヤドカリなのです。

タラバガニの名前の由来は?

タラバガニはカニではないのに、なぜ名前にカニがついたのでしょうか?名前の由来は見た目だけに着目されたために、カニとついてしまった説が有力だと言われています。また、タラバガニのタラバは漢字で書くと「鱈場」という漢字になります。鱈場となった理由は、鱈が生息する海で漁をする際に多く取れたことで、タラバガニと付けられたようです。
ただ、一説には当時タラバガニが食べられた後の殻が漁村の浜に多く捨てられていたことも関係しており、その殻が山積みにされていた場所を「殻場」と言えるような光景であったことからタラバガニと付いたという説もあります。本当のことは明確ではありませんが、こうした様々な理由からタラバガニという名前が広まっていったのです。

タラバガニの美味しい食べ方

タラバガニの味の特徴としては、癖がなくあっさりとした味にカニの風味と甘みを感じられることが挙げられます。タラバガニは足の中にたっぷり身が入っており、プリプリな食感を堪能するためには中身をほぐさずに食べることがおすすめです。
タラバガニは味があっさりとしているので、生で食べる場合にはワサビ醤油を付けて食べてみましょう。また、タラバガニは焼くと美味しさがアップします。焼きたてのタラバガニに塩とレモン汁を付けて食べれば、甘いカニ汁との絶妙な組み合わせを堪能できるでしょう。足は鍋に入れてダシを取ったり、茹でて食べる際にはお好みに合わせてポン酢や七味を付けるのもおすすめの食べ方です。

https://www.e-maguro.co.jp/

SNSでもご購読できます。