スペイン料理について

ヨーロッパの尾やアフリカの頭と呼ばれるイベリア半島は、異なる民族・文化・宗教が多重に交差しています。複雑に入り組んだ歴史的背景の影響を受けているスペインの食文化。その上、地方によって気候や風土、習慣が異なるため、材料やその調理方法は多種多様!
調理法をざっくりと区分けすると、「北では煮込み、中部では焼きもの、南部ではフライ」とも言われますが、事実上、スペイン料理は簡単には一括りにできないのです。うーん、思った以上に奥が深いスペイン料理!更には、家庭ごとのレシピが異なるデル・プエブロという民衆料理の精神も根付いているので、料理を取り巻く環境の複雑さは世界一なのかもしれません。
そんなスペイン料理の中でも、最も家庭料理っぽさが漂う料理としてトルティージャがありますざく切りのジャガイモと一緒に、じっくりゆっくり焼き込まれる卵。渋谷のスペイン料理でも人気メニューになっています。大きめ肉厚なトルティージャが、フライパンの上で少しずつ完成されていくのは、見ていても楽しいですし食べてもおいしいです。

SNSでもご購読できます。