グリーンカレーについて

エスニック料理もすっかりおなじみのものとなり、特にガパオライスやトムヤムクン、フォーなどのアジア料理が楽しめる専門店も多く見られるようになりました。
そんなエスニックの中でも特に人気な定番メニューの一つにグリーンカレーがあります。
見た目の通り、一般的なカレーとは違い緑色をしており、その食べやすさから日本でもファンの多いタイの料理です。
そんなグリーンカレーですが、実はこれは厳密にはカレーではありません。
ゲーンというスパイスが利いたタイの汁物料理の一種であり、正式にはゲーン・キャオ・ワーン(緑の甘いスープ)という名称です。
緑色の由来は青唐辛子を始めとしたスパイスやハーブのペーストであり、赤唐辛子と比べると爽やかな辛味があります。
ここに濃厚で優しい風味のココナッツやナンプラーの旨味が加わり、複雑に絡み合いつつも調和のとれたグリーンカレーならではの味が生まれるわけですね。
実はこのグリーンカレー、意外と簡単に作ることができます。
東京のアジア料理の食材を扱うお店でスパイスなどの食材さえ調達してしまえば、特に難しい料理ではないんです。
グリーンカレーがお好きな方は、自宅でつくってみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。