カフェで注文できるコーヒーメニューの違い

ブレンド、アメリカンなどのメニューの違い

カフェで注文できるコーヒーの種類について、簡単に紹介したいと思います。
まずは定番の「ブレンド」と「アメリカン」についてです。
「ブレンド」は、複数の豆をブレンドしているコーヒーであることを意味します。
多くのカフェで、一番リーズナブルに注文できるコーヒーですが、豆の質が一番劣っているというわけではありません。
一番出される定番のコーヒーで、豆を大量に仕入れることができ、結果的に安価に提供することができる、カフェごとの味がブレンドコーヒーです。
一方「アメリカン」は、アメリカンという豆の品種があるわけではありません。
アメリカンは、浅煎りの豆で作られるコーヒーです。
コーヒーは焙煎度合いが増すほど苦みやコクが増します。
そのため、アメリカンは酸味が強めでさっぱり、ブラックで飲みやすいコーヒーとなります。
反対に深煎りのコーヒー豆を用い、沸騰したお湯を加圧状態で抽出する「エスプレッソ」は苦みが強いコーヒーです。
多量に飲むものではないので、通常デミタスカップという小さめのカップで提供されます。

カフェオレ、カフェラテの違いとは

続いてはミルクを入れるコーヒー、カフェオレとカフェラテについてです。
フランス語の「lait」とイタリア語の「latte」、どちらも牛乳という意味であり、コーヒーにミルクを入れるという点では全く違いがありません。
細かい違いとなると、カフェオレは、一般的なコーヒーにミルクを混ぜて提供される飲み物です。
カフェラテは、エスプレッソにミルクを混ぜて提供されます。
カフェラテの方が表面に泡が立ち、コーヒーの味がしっかり濃く感じられるものが多いです。
「カプチーノ」となると、エスプレッソに泡立てたクリーム状のミルクを入れて飲む飲み物になります。
ミルク入りのエスプレッソということで、味はカフェラテに近いですが、口当たりよく飲めるコーヒーです。
「マキアート」も、カプチーノの種類に入りますね。
カプチーノはキャラメルシロップやヘーゼルナッツ、チョコレートパウダーなどでアレンジされることも多く、いろいろな楽しみ方があります。

その他のメニューについて簡単に紹介

その他、カフェでよく見られるコーヒーをいくつか紹介します。
「ウィンナーコーヒー」は、オーストリアのウィーン発祥という意味です。
ミルクの代わりに、ホイップクリームを乗せて提供されるコーヒーとなります。
「ダッチコーヒー」は、いわゆる「水出しコーヒー」のことです。
香りがよく、苦みが少なめでアイスコーヒーにも適しています。
ストレートコーヒーのメニューに書かれているメニューは、ほとんどが豆の品種を指しているものです。
よく聞く「モカ」なども、豆の品種のことであり、特定の飲み方を指しているものではありません。

滋賀で介護と飲食を経営している業者

SNSでもご購読できます。