イタリアンの料理の種類を知っておくと安心です

イタリアンの料理の種類を知っておきたい

パスタやピザなどのイタリアンの料理は、日本でも定着した人気があるため、ファミリーレストランや隠れ家的な家庭的な雰囲気のお店でも味わうことが出来ます。
気軽に楽しめる雰囲気のお店が増えていますが、本格的なコース料理を提供するお店に行く時は、基本的なマナーや知識を身に付けておくと安心です。
伝統的なイタリアンの料理の種類を知っておくと良いでしょう。
バーニャカウダは日本でも人気の高いイタリアンの料理ですが、カットした野菜にアンチョビやにんにく、オリーブオイルなどで調理をしたソースを付けて頂くのが特徴です。
ソースは専用の鍋を使って、温めてから野菜に付けて食べるのが一般的です。
新鮮な野菜をたっぷりと食べられるので、ヘルシーで栄養価の高いメニューです。

カプレーゼはサラダの一種です

イタリアンのレストランでは、サラダを提供されることも多いですが、カプレーゼはスライスしたトマトに、モッツァレラチーズ、ハムなどを挟んで、オリーブオイルや塩、黒コショウなどで味わうサラダです。
さっぱりとしたトマトとモッツァレラチーズの相性が良く、イタリアでは定着した人気のあるメニューです。
イタリアンのコース料理は、最初に彩りの美しいパンチのある味わいの前菜を提供してくれます。
前菜は日本では、居酒屋などのお店で提供される先付けのような料理ですが、食欲を引き立てる効果があります。
日本のサラダは生野菜にドレッシングやマヨネーズを付けますが、イタリアンのサラダは温野菜や茹でたお米などを使用した商品もあります。
イタリアンのサラダはバルサミコ酢やオリーブオイルなどを付けて、頂くのが一般的です。

イタリアンの料理はバジルやオレガノと相性が良いです

イタリアンの料理はトマトソースやにんにく、オリーブオイル、黒コショウ、肉料理や海鮮などを使用した料理が多いです。
パスタは定番のイタリア料理ですが、バジルやオレガノなどのハーブと相性が良く、適量を付けて食べるとより美味しくなります。
自宅で手作りのパスタを作っている人が多いですが、専用のハーブを数種類揃えておくと便利です。
イタリアンのコース料理は、スープやサラダが提要された後は主菜を出してもらえます。
カルパッチョは日本では、白身魚を使用することが多いですが、本場のイタリアでは牛肉の薄切りなどを使用することもよくあります。
カルパッチョは低カロリーで栄養価が高いので、お店で味わってみると良いでしょう。

レストランでランチを楽しみたい方には宇都宮のBis-t-eria Méli-Mélo(ビステリア メリメロ)がおすすめです

SNSでもご購読できます。