お好み焼き、東と西

お好み焼きの本場、といえば大阪です。(広島こそが元祖という声もありますが、今回は東西の比較が狙いなので、この場は大阪ということにしておきます。)

大阪でお好み焼きを食べた東京人も、一様に「やっぱりおいしい!」と仰いますが、東のお好み焼きと西のお好み焼き、材料にはそれほど大きな違いはありません。小麦粉と卵、キャベツと豚肉(イカだったり、エビだったり、お餅が入っていたりはしますが)という定番の具材で作っても、西・大阪の方が断然おいしい。大阪のお好み焼きのおいしさは、しっかりとった出汁を使っているから、など隠し味が優れているという面もありますが、大きな違いは「客には焼かせない」ということ。

大阪のお店では、お好み焼きを焼くのは、原則お店の人。お客はお預けを食ったネコみたいに鉄板の前で待っているのがフツーです。「触らないでくださいね」と注意されることも。プロが焼いてくれるのですから、それはもう、外はカリっと、中はふっくら、とても美味しく焼きあがるというわけですが、大阪人、お好み焼きにかける情熱が桁外れですので、実はそれこそが一番の違いかもしれません。

ちなみに、冒頭で触れた広島焼きは材料や焼き方から全然違うものになります。生地はごく薄く、大量の野菜を熱で蒸す様に焼きあげ、パリパリのそばと卵で挟むように仕上げます。
下関で食事するならここ!というくらい有名なお好み焼き屋さんでも広島焼きが大人気なことからも、関西のお好み焼きに匹敵する一大勢力であることには間違いありません。

SNSでもご購読できます。