おいしいパティスリーに見られる傾向

「ケーキ屋さん」という名称がすっかりすたれ、あちこちで「パティスリー」と名のつくお店を見かけるようになりましたが、「パティスリー」のケーキは総じてお高く(その上小さめ)、贅沢品でもあります。

お金をかける以上は、満足のいくものを買いたい。メディアに取り上げられる人気店は多々ありますが、おいしいパティスリーを探す際の目安として上げられるのが、店名です。舌を噛みそうな意味不明のフランス語を使っているお店より、わかりやすい名前のパティスリーの方がハズレがない。これは、名よりも実にこだわった結果でしょうか。特に、店名にパティシエの名前がついているお店は、まず間違いありません。

そしてもう一つ。人気パティスリーには、イートイン・スペースがありません。新しいビルができた際に、是非にと請われて出店するケースもありますが、そちらはあくまでカフェであって、お店ではケーキだけを売っている。ケーキに賭ける潔さが見え、お味の方も信頼できるお店であることが多いです。

●ピックアップ
大府のケーキ屋「洋菓子チロリアン」
色々な人にスイーツを楽しんで欲しいという思いと確かな職人としての腕前。
二つが合わさって生まれたケーキは、洗練されていながら、どこか優しさを感じる味わいです。

SNSでもご購読できます。